一覧へ戻る
北ア唐松岳(敗退) : 2016/02/06 (土)〜02/07 (日)
報告者 橋本
山域 北ア唐松岳(敗退)
ジャンル 雪山ハイキング
天候
行程 2/6:圏央道:日の出IC〜>中央道〜>長野道:安曇野IC:0300〜>白馬登山P(爆睡):1300〜>八方ゴンドラ:1330〜>八方池山荘:1400(小屋泊〜時間があったので何十年振りにコミックを爆読)
2/7:朝0545発〜>八方池:0630〜>丸山ケルンへ行く途中の登りで断念:0845〜>八方池:0930〜>八方池山荘:1000〜>(リフト・ゴンドラ)〜>八方駅:1045〜>登山P:1100〜>長野道:更埴IC:1245〜>上越道/関越道/圏央道:日の出IC
報告 丸山ケルンまでも行き着かず敗退。天気予報では、高気圧では無いものの等高線が広くなっていたので、期待半分で決行しました。結果、町の中は晴れていたものの、山の高いところでは、ずうっと雲が掛かっている状態でした(+小雪で視界も悪い)。よって、展望は全く無し。白馬三山、五龍、鹿島槍等、全く見ることが出来ませんでした。山行では山荘を出た時からラッセル状態で、スノーシューを履いていてもつぼ足状態でした。と言うことからあっさり登頂はあきらめ早々に引き返してきました。途中3Pほどいたのですが、先頭を交代しながら頑張って登っていました。山荘から上では登っている人の8割はスキー目的の人達でした。純粋に山行している人は、数名だったと思います。今回は、スノーシューの使い勝手を勉強する良い機会でした。次回、機会を見てまたトライする予定です。

八方駅(ゴンドラ:アダム)。標高770m。

八方池山荘。 標高1830m。

山荘内。 お風呂があるのはありがたい。

夕ごはん。美味しかったです。

8人部屋を一人で使用。

山荘からの登り。

山荘からの登り2

八方池への登り。

八方ケルン。 標高2035m。

雪に埋もれてしまった八方池。

第3ケルン。 標高2080m。

日の出。

日の出の時間でマイナス15℃。

腰までのラッセル。

スキー場のゲレンデ。空いていると思います。カッコいい白人さんが多いこと、多いこと。

帰りのリフトからの写真。町では天気が良い。