一覧へ戻る
北ア西穂高岳 : 2015/12/30 (水)〜01/01 (金)
報告者 橋本
山域 北ア西穂高岳
ジャンル 雪山ハイキング
天候 雪、晴れ
行程 12/30:ロープウェイ:新穂高温泉駅0900⇒西穂高口駅:1000⇒西穂山荘:1130(テント泊)
12/31:山荘(テント):0630(下り1230着)⇔西穂独標:0800(下り1130)⇔西穂高岳:0945(下り1000発)
1/1:山荘(テント):0630(下り0900着)⇔西穂独標:0800(下り0810発)、その後、下山:山荘1030⇒ロープウェイ西穂高口駅:1130⇒新穂高温泉駅:1300
報告 天気予報通り、大晦日は低気圧の影響をモロに受けました。日の出過ぎまでは良かったものの、山頂にたどり着いた頃には展望は全くありませんでした。頂上での気温はマイナス17℃。少し前を行った人のトレースも直ぐに無くなってしまうので、雪庇に注意しながらの山行でした。添付した写真は、天候が良かった時間帯のもののみ掲載しております(山頂写真以外)。大晦日〜元旦にかけて一晩中、雪が降っていたため、元旦の山行は軽いつぼ足状態で皆さん苦労して登っていました。また次回、良い展望を期待して来ようと思います。

ピラミッドピーク。西穂山頂は既に雲の中。

西穂山頂への最後の登り。

ロープウェイ展望台から見た、西穂までの道のり

西穂山頂。展望は全く無し(涙)。誰もいない、、、。

登山道入り口

初日の出では無く、大晦日の日の出。

樹氷

明けましておめでとうございます。2016年もよろしくお願いします。

年を越したテント泊。

山荘から西穂方面への登り

雪のモニュメントと焼岳

丸山から独標への道のり

フカフカ雪なので登りも下りも大変!!

西穂独標

唯一撮ってもらった1枚。着ぶくれでまんまる(笑)

独標から見た、吊り尾根。