一覧へ戻る
毛無山〜十二ヶ岳〜鬼ヶ岳〜雪頭ヶ岳 : 2018/12/08 (土)
報告者 舟久保
山域 御坂山塊
ジャンル ハイキング
天候 曇り
行程 調布6:00−(調布IC)−毛無山駐車場7:50〜毛無山9:30〜十二ヶ岳11:00/40〜金山〜鬼ヶ岳12:50/13:30〜雪頭ヶ岳〜魚眠荘前15:30/50−(バス)−毛無山駐車場16:00
報告 あれれ?晴れマークひとつのはずなのに、富士山がまったくみえない◎_◎

スタートして1時間半ほどで毛無山の頂上。ここまで見えないのはある意味見事!?
では休憩もそこそこに、向かうは十二ヶ岳!

一ヶ岳、二ヶ岳、三ヶ岳・・・だんだん読めてきて、「あの辺に次の看板があるんじゃない?」。
アップダウンを繰り返しながら、看板を見つけながら、まるでゲームのよう。
マイナス気温予報もあったけれども、凍結はなし。歩いていると汗をかくほどでした。
サクサク進み、とうとうきました十一ヶ岳。本日のメインどころ突入。さて、はりきって臨みますか!

まずは長い斜面の降下。MRさんにアドバイスを受けながら、古賀志山の時のことも思い出して、
落ち着いて下ります。
なるべくロープに頼らないように、岩から体を離して足元をしっかり見ながら。
それが終わると例のつり橋。ちょっと面白い。そして休むヒマなく下った分だけまた登る。
クサリもあり手元も足元もしっかりしていたけれど、一歩一歩確実に。
祠が見えて、「着いた〜!」。
でも肝心の富士山はあら、どこに?でもそのおかげで十二ヶ岳に集中できたかな(笑)。

【公式】(一ヶ岳〜十一ヶ岳)=(十一ヶ岳〜十二ヶ岳)

ウワサ通りのアスレチックな道で、飽きずに夢中になって一気に歩きました☆
お昼をとって金山へ。すぐにロープがついている下りがあり、こちらの方が少し手間取ってしまいました。
途中きれいな霧氷があらわれ、やっぱり今日は寒かった。時々忘れそうになるけど、しっかり冬ですね。

鬼ヶ岳では、角の石だ〜、こっちの岩にも上れ〜(岩があったら登れ〜byHMさん)と
ポーズを決めて盛り上がっている最中にYKさんが「あっ!富士山がみえた〜っ!!!」

どど〜ん、雲の切れ間から「THE富士山」。
でっかい!見事!松竹映画みたい!!
しかも最初からは姿を見せずに・・・の演出がまたニクイ。おかげでより印象づいちゃいました(笑)。
こちらもやっと顔を出した太陽、ぽかぽかの中、甲府の町や八ヶ岳、南アルプスの眺望も楽しみ、
ゆっくり休憩をとりました。

雪頭ヶ岳のお花畑から見下ろす静かな西湖もなかなかで、後は下って下って下るのみ。
女子4人の楽しく賑やかな山行でした◎

☆ずっと思い焦がれていた「十二ヶ岳」。やっと念願が叶いました!
楽しく挑戦できたのも、先日の古賀志山山行のおかげ、そして一緒に登ってくれたメンバーのおかげです。
貰ったアドバイスを今度こそ、岩稜帯、まだまだがんばります!

毛無山 富士山が見えない!

一ヶ岳から順番に十二ヶ岳までアップダウンが続く

この後が核心部

慎重に下ります

下った鞍部は揺れる吊り橋、そしてまた急登が

急登を終え山頂に!が見えぬ富士山

この後も激しく下り、

激しく登ります

稜線上の展望岩から西湖が光っている

鬼ヶ岳の鬼の角だ!

急に空が開けあちこちから歓声があがった

十二ヶ岳からの歩いた稜線

八ヶ岳も見えるではないか

稜線上の霧氷が綺麗だった

雪頭ヶ岳から見る西湖と河口湖