一覧へ戻る
岩櫃山 : 2018/11/25 (日)
報告者 比留間麻
山域 群馬県
ジャンル ハイキング
天候 晴れ
行程 調布6:00⇒渋川伊香保IC⇒白沢登山口8:40→本丸址分岐→櫃の口→岩櫃山頂上9:50-10:40→天狗の架け橋11:00→密岩登山口11:30→赤岩登山口11:45→赤岩通り分岐12:13→岩櫃城本丸址12:35→平沢登山口P13:00⇒温泉、帰京
報告  岩櫃山は群馬県の北西部にあって標高は802mと低いものの、住宅地のすぐ裏手に絶壁が迫る岩山です。中腹に真田氏の岩櫃城址があります。登山道は山の西側で岩稜が続きますが、鎖やハシゴがよく整備されていて、頂上からは眺望も抜群です。

 今回は“沢コース”を登り、頂上から急な岩稜を下って、さらに山裾を回り込んでもう一度尾根に登り返して“尾根コース”を下る周回にしました。周回してもわずか4時間ほどの山ですが、コースは変化に富んでいます。軽装の子ども連れからヘルメット装備まで、コースごとにいろいろな人に会いました。

 朝は気温1℃でしたが、日中はよく晴れて小春日和のハイキングになりました。紅葉もまだ少し残っていてくれて、十月桜が咲いていました。カモシカにも遭遇しました。

平沢登山口

登りの”沢コース”

正面、人がいるところが頂上

頂上手前で、いったん下る

頂上直下の岩登り

頂上は狭く、柵の向こうは切れ落ちている

頂上からの下り。鎖がないとちょっと厳しい

変わった形の岩が多い

天狗の架け橋。距離は短いが鎖がない

バランスをとって…

慎重に…

駆け抜ける人も…

下りの”密岩通り”は、もみじがきれい

住宅のすぐ裏に岩が聳え立っている

下りの”尾根コース”

登山口近くに真田氏の岩櫃城址