一覧へ戻る
軍刀利沢 : 2018/10/06 (土)〜10/06 (土)
報告者 篠塚
山域 奥多摩
ジャンル 沢登
天候 曇り後はれ
行程 松澤車 (篠塚・田島・松澤宅に6:40集合〜小林を自宅でピックアップ。)、濱邊車(中島・安原を6:10ピックアップ)、武蔵五日市のコンビニで合流
矢沢林道入渓点:9:15到着、遡行開始9:45〜三国峠14:30〜矢沢林道終点16:00〜矢沢林道入渓点17:00
報告 当初、恋の岐川の遡行を計画していたが、あいにく台風25号が発生したため迷走し10月4日に、秋川水系の軍刀利沢へと計画を確定した。前日までの雨で心配された川の状況は、透明度、水量とも問題なく安全に遡行が出来た。

さて、ここから本題の遡行である。途中数か所の滝は、松沢Lがリードで先に上がり、滝上よりロープを出し、各人マッシャーやアッセンダーで身体確保しなら滝を登った。1級上の初級の沢といえども、そこはしっかり安全に沢を登る。松澤Lはさっさと一人で登って行ってロープを出す、流石である。
遡行中のルートファインディングは沢の分岐点で遡行図、地形図、スマホアプリのGPSで確認しながら、正確に遡行が行えた。読図力、地図読みができたことは、普段の研鑽の賜物である。また登山アプリの位置情報を確認するのは、今様のテクニックであることも感じられた。

最後の詰めの前に沢の脇でランチタイム。 沢の水を汲んで湯を沸かしカップ麺、コーヒーでエネルギー補給し、三国峠に向かった。峠に向かう坂は急登で足元も悪く、笹を掴んで転げ落ちないように注意した。しかし小林さんは何のことも無いかのように、さっさと登る後姿は自然児そのもの!

さあ、ここからは下山である。ヤマレコで見る限り通常の登山道を利用するパーティーが多かったが、今回は事前に調べたバリエーションコースで地形図を見ながらルートファインディングし下山した。このルートは林業従事者の作業道と思われ、かすかな踏み跡があり現在もマニアが使っているのでは? また石積や石段などが残っており林業が盛んな時代は作業者が行き来していたことだろうと往事の思いをはせた。途中で一度道をはずしたが道を見つけ矢沢林道の終点に出られ、無事全員が下山出来た。
今回のメンバーでまた山行に行きたいと思うほどの大変良い沢登りであった。

さー準備ができたぞ、と意気込むメンバー

入渓ポイントは、赤テープ

みんなで、ルート見つける会議中

がんばれー

怪しいー壁を、残置ロープでトラバース

三国峠に向かう急登

登頂成功、みんなでパチリ

矢沢林道の終点で、最後のパチリ

作業の終点です

古びたコンクリー橋

車を置いた場所へ戻るぞー

瀬音の湯で、湯につかり、ノンアルで乾杯