一覧へ戻る
月山 : 2018/09/16 (日)
報告者 三浦
山域
ジャンル ハイキング
天候 曇のち晴
行程 16日(日):三崎公園キャンプ場〜月山八号目P7:45〜仏生池小屋8:55〜月山9:45/10:10〜仏生池小屋10:45〜月山八号目P11:50〜羽黒山〜舟形あゆっこ村キャンプ場(テント泊)
報告 昨夜はキャンプ場に着いてからグイグイお酒も進み、バタンキューだったので。今朝は少し酒が残ったか…。

16日:今日の天気は、午前中曇〜雨予報だったが、朝は日射しも出て来ていた。日頃の行いが良いのかな?
月山八号目P(標高1400)まで車で行ける事もあり、人気のコース(弥陀ヶ原コース)から山頂を目指す。登山口から途中左右に分かれ右方向に進む。なだらかな湿原が広がり整備された木道を歩く。景色といい、爽やかな風といい、とても気持ちが良い。木道が終ると石畳や石段を飛び越えながら進んで行く。歩き良いような、悪いような。微妙…。
1時間10分程で仏生池小屋に到着。先へ進む。急坂は殆んど無いが、一ヶ所行者返しがある。そこで、修験者に出会う。こんなに近くで見たのは滅多にない。先を歩いていると、何と、30人近くの修験者が列をなして登っていく姿が見えた。見晴らしが良い場所から法螺貝の音色が聞こえた。何となく私も心が洗われるような気持ちになる。山肌の木々も少しずつ色づき始めている。
山頂は、やはり百名山らしく、賑わっていた。残念ながら山頂では遠くの景色は臨めなかった。
山頂で軽く昼食を取り、下山開始。自然の池塘を見ながらゆっくり下る。湿原に下ってからはルートを変えて御田原小屋、参籠所経由で下山する。
余談:松尾芭蕉が月山で詠んだ句
“雲の峯いくつ崩れて月の山”

まだ時間が早かったので、出羽三山、月山を含めもうひとつ羽黒山に行ってきました。
ちらっとお散歩気分だったのですが、五重塔までは良かったものの、羽黒山の本堂までは2,446段の階段を登るとの事。サンダルで来てしまったのですが、行ける所まで。と汗をかきながら到着。見事な本堂を参拝することが出来て登った甲斐がありました。

月山八号目Pからの登山口。

木道が続きます。

平坦な石畳。

仏生池

仏生池小屋

紅葉。少し色づき始めています。

行者返しの途中。来名戸神社の祠。

前方に白装束(修験者)の集団が登っていました。

頂上まであと少し。

月山神社本宮

月山頂上小屋

下山あと少し。前方に月山高原レストハウスが見えます。

帰りは違うルートから。

おまけ。五重塔。

羽黒山本堂

いい感じ…。