一覧へ戻る
地図読みプレ山行 : 2018/08/19 (日)
報告者 中島
山域 高尾山(小仏城山)
ジャンル 地図読み講習の事前演習
天候 晴れ
行程 7:45机上講習-8:52小仏行きバス-9:13小仏BS-11:30小仏城山12:30-日陰BS
報告 高尾山での講習なので、整えられた登山道でやるんだろうと高をくくっていたら、とんでもない。
小仏から誰も行かない急坂にとりついて、いきなりバリエーションルート。
木に両手ですがり、体を引っ張り上げ、ヤブをかき分けて登っていく。
えっ、これが高尾山というほど、先入観念と違ったルート。
リーダの話によると、このルートはYさんとリーダが当山岳会にふさわしいように実地検討して作りあげたとのこと。

このルートはおもしろい!!!
この一言に付きます。

地図のマーキングしたポイントを探すのが、まるで宝物探しのよう。
探す場所のイメージを地図から予測して、実際の場所との差から、次の回にはイメージを補正して、より現実にあったものをイメージします。
今回は、生徒が二人だけで交互にポイント探索をしたので、探すチャンスを多くいただきました。
最後には、地図から実際の地形をイメージできる力がかなりついたように感じました。
個人的には昨日の沢歩きの前に、今回の地図読みをしておいたら良かったと思いました。

地図講習は11月7日(水)に机上講習、11月11日(日)に実践講習です。
こんなに面白いゲームはない!!
皆さん、奮ってご参加ください。

小仏BS ここから現在位置の特定を始めました。
アバウトな位置ではなく、ピンポイントで特定します。
午前中は藪の中だったり、地図読みに集中していたりと、写真を撮る余裕はありません。
というわけで、いきなり小仏城山でのお昼写真です。
本邦初公開 Sリーダーの山グルメ調理中の姿。
「アンティパスト(ベーコン、トマト、ズッキーニ、マッシュルーム、パン、オリーブオイル)のつもりが大事なベーコンを入れ忘れる失策」(Sの告白)。
男が山食を調理している姿はかっこいいものですね。
ミートソーススパゲティ
とってもおいしくいただきました。
お昼をいただいた後は余裕ができて、講習中の写真も取りました。
地図とコンパスをあわせて周囲の尾根の方角から地点の特定中
夏なので草木が生い茂っていて見通しが利きません。
地面から見える木の幹の位置で沢側なのか尾根なのか判断します。