一覧へ戻る
北穂高_東稜 : 2018/08/15 (水)〜08/16 (木)
報告者 小林
山域 北アルプス
ジャンル バリエーション
天候 午前:晴れ、無風 午後:時々にわか雨 夜
行程 8月14日(火)
 涸沢(テント泊)
8月15日(水)
 涸沢6:00→6:30南稜分岐(登山道分岐)6:40→7:10稜線7:15→8:25東稜のコル8:30→9:00北穂高岳11:00→13:00涸沢(テント泊)
報告  夏合宿の涸沢テントキーパーで暇だったので2年前悪天候のあとで断念した北穂_東稜のリベンジを計画した。今回のバリエーションは初ソロなんで緊張しつつの涸沢テン場を出発した。やはり初めてのコースはいくら山行記録を読んだり写真を見ても不安は消えないことを実感。
 他のパーティーはガイドツアーの1Pのみだったので、ほとんど待ち時間がなかったので涸沢からは3時間で北穂小屋に到着した。短いバリエーションコースだったがゴジラの背からの眺めは楽しめました。途中、懸垂箇所が1箇所あったが懸垂は不要だったのでクライムダウン。
 東稜は岩稜帯が短く涸沢からはアプローチも短いので手軽なバリエーションとしてはおススメコースかと思う。午前中は、天気がよく視界も最高であったので私の大好きな北穂テラスで2時間まったりと生ビール楽しんだ。
 涸沢に下山後は、天気予想通りに雨。雨の中田中さんと合流し、翌日は田中号に乗せていただき快適に帰宅。
 残雪期の東稜の写真を見るとたくさんの雪がついていて迫力満点なんで来年のGW前後にまた歩きたい。

6:58
 オオー登山道分岐から見える
 前穂高北尾根が美しい!
 
6:59
 これから上る予定のゴジラの背
 どこからでも登れるので間違う人も多いみたいです。
6:59a
 今日のメインデッシュ「コジラの背」です。

 だれかこの名前を付けたのか言われてみれば確かにゴジラが北穂に登っている(笑)
6:59b
 稜線から眼下に望む「涸沢」です。
7:32
 ゴジラの背から望む奥穂高/吊尾根/前穂高
7:32a
 ゴジラの背から望むパンノラマビュー
8:16
 ゴジラの背から登ってきた稜線
8:16a
 ゴジラの背から望む「槍」「南岳」
8:42a
 東稜のコルを降り北尾根、涸沢を望む
 先ほど追い抜いたガイドツアーパーティーが後ろから来ます。
9:10
 定番の北穂小屋テラスでの生BEER。しあわせ!
 
 2日前の北穂小屋テラスとは違い視界は最高でした。
9:24
 本当に今日は天気が良い
9:57
 午後から崩れるので少しガスってきたので
 あまりテラスでのんびりはしていられません。
10:48
 テラスの眼下には気にになる小さな池が見えます。

 「北穂池」です。いつかは池の脇でテン泊してみたい。
11:02
 天気予報では午後から崩れるので、「北穂高岳 北峰」で一枚撮影してもらい急いで涸沢まで一気に下山します。
残雪期
 5月の東稜は雪が付きこんな感じになるらしいです。
 次回は残雪期に歩いてみたい。