一覧へ戻る
爺ヶ岳〜鹿島槍〜五竜岳 : 2018/07/14 (土)〜07/16 (月)
報告者 はまべ(全4名)
山域 後立山
ジャンル 夏山縦走
天候 晴れ
行程 7月14日(土)07:30 扇沢(柏原登山口)〜08:50 ケルン 〜 11:30 種池山荘 休憩 12:00〜12:50 爺が岳南峰 〜 13:30 爺が岳中峰〜赤岩尾根分岐〜15:00 冷池山荘(テント泊)

7月15日(日)冷池山荘(テント場)03:30〜 04:30 布引岳〜 05:30 鹿島槍ヶ岳南峰〜06:20 鹿島槍ヶ岳北峰〜 八峰キレット〜 08:00 キレット小屋 08:20〜13:15 五竜岳〜14:10 五竜山荘(テント泊)

7月16日(月)五竜山荘(テント場)05:00〜遠見尾根〜07:30 中遠見〜 地蔵ケルン〜09:20 ロープウェイ乗り場 〜下山
報告 7月14日(土)
早朝に府中を出発し、大町市のアルピコタクシー駐車場に車をデボしてタクシーで扇沢の柏原新道登山口へ向かう。
駐車場はすでに満杯でタクシーを利用して正解。
歩き始めてすぐに汗が吹き出し、気温はすでに30度を超えているかもしれない、今日が思いやられる。
まずは種池山荘を目指して登山を開始したが荷物がとにかく重くて参った。水分補給用と食材が腐らないよう保冷剤がわりの冷凍ペットボトルでザックは20キロオーバーか?
いつもながらの荷物持ちすぎでザックが肩に食い込む。
種池山荘で水を買えるので、水を軽量化すればよかったと後悔する。

4時間で種池山荘でに到着する、針ノ木へと繋がる稜線が素晴らしい、反対方向には爺ヶ岳、今日は天気も良く360度のパノラマが楽しめそうだ。爺ヶ岳を南峰、中峰、北峰の順にピークを目指す。南と中で十分か北はパスする。

1時間半余りで今日のテント場の冷池山荘へ
冷池山荘のテン場は山荘から歩いて10分ほど離れたところ、まずは受付に並ぶが三連休の初日のため大混雑。30分も並んだところでテンバイヤーの方は場所確保してから受付して下さいとのこと。ベンチで休んでいた人から11時でほぼ満杯だったとの情報があったが諦めずにとりあえず向かってみる。
情報通りソロテント一つ張る場所もないほどの混みようだ。ここからは紆余曲折あったがHリーダーの嗅覚でなんとか快適なテン場を確保して、もう一度山荘まで下り、缶ビールで乾杯(生は16時で終了)した。

夕食の鍋とサラダをつまみにして持ち込んだワイン2本を空けて就寝についた、明日は2時起きの3時出発で混むこと必至の五竜山荘を目指す。