一覧へ戻る
塩見岳〜間ノ岳〜北岳 : 2018/07/14 (土)〜07/16 (月)
報告者 三浦
山域 南アルプス(間ノ岳、北岳)
ジャンル テント泊縦走
天候 晴れ
行程 16日(月):熊ノ平小屋3:05〜三国平3:50〜三峰岳4:40/4:45〜間ノ岳5:30/5:35〜北岳山荘6:50/7:05〜北岳8:10/8:25〜肩ノ小屋8:55/9:00〜小太郎山分岐9:20〜白根御池小屋10:45/11:00〜広河原12:35
報告 16日(月):2時起床3時出発。目覚めはスッキリ!体力も大分回復している。食料も減った事もあり荷物も軽くなったようだ。
A氏が言うには“今日は歩きやすい山道だから大丈夫だよ。”と助言を頂く。確かに昨日まで北岳に行けるか弱気になっていたので、今回、北岳山荘に行ってから山頂まで行くか決断する事になっている。(因みに、今日の行程時間は10時間)
熊ノ平小屋からはいきなりの急登。だが、何となく体は軽く軽快だ。
三国平から三峰岳まではやせた岩稜が続く。そこがまた面白い。空は白々明けて来る。足元に気を付けながらガツガツ登る。
三峰岳山頂からは、360°の展望。これから登る間ノ岳、北岳、これまで通った稜線が見渡せる。岩稜を少し下り、ここから間ノ岳まで緩やかな稜線をるんるん気分で登る。時折花畑の花に癒されながら山頂に着くまであっという間だった。
山頂は北岳山荘から空身で登って来た人達が大勢のいたので驚いた。(今まで人気がなかったので)ここまでは何のダメージも感じず歩く事が出来た。
北岳山荘で休憩。ここは今回で2度目。懐かしい。勿論北岳まで登る気満々!もう一頑張り。山頂まで、坦々と足を進める。
北岳山頂では、これまで歩いてきた稜線や近くの山々を見ながら余韻に浸る。
ここから、広河原まで約1,670辰劼燭垢蕾爾襪世院
北岳山頂からの下山は花畑が広がり癒されながらの下山。再びガンガン下る。
草すべり辺りから爪先が痛くなり始める。白根小池小屋で大休止。どうにかこうにか広河原に着いた。
だが、ここからが又地獄の始まり。バスに乗り込んだのは良かったが、席は満席。私は始め幸いな事にステップの所に座る事が出来たが、夜叉人峠のバス停から、ぎゅうぎゅうの中に6人もの人が乗り込む。おかげで、私も約1時間半立ちっぱなし。おまけに冷房が効いておらず暑い。バスの中で熱中症にでもなりかけた感じだった。
甲府駅でビールを購入しイッキ飲み!生き返った!!急行に乗り込みホッと一息。車内でもビールをじっくりと味わい帰路に着く。

今回のテント山行は、南アルプスを代表する100名山を3座それとプラスα、そして見事な稜線を歩く事が出来、キツかったですが自分の体力に少し自信がつきました。
北岳山頂で歩いてきた稜線を振り返ると、テント泊縦走をやり遂げた達成感がたまらない。自分を誉めたい気持ちです。
それと、今回2日間共かなり長時間歩くので、不安であった私をA氏のサポートで何とかクリアする事が出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

テント泊縦走、これからもできる限り楽しみたいです。

三国平分岐

三峰岳〜間ノ岳を望む。

三峰岳に向かいます。

三峰岳山頂、右奥農鳥岳

間ノ岳山頂

富士山

中白根山から。これから向かう北岳。中央北岳山荘。

北岳山頂

鳳凰三山

鋸岳、甲斐駒ヶ岳

北ア槍穂が見えます。

左間ノ岳。右奥塩見岳を振り返る。

肩ノ小屋

花畑

白根御池小屋

広河原近くの吊り橋。やっと帰って来ました。