一覧へ戻る
塩見岳〜間ノ岳〜北岳 : 2018/07/14 (土)〜07/16 (月)
報告者 三浦
山域 南アルプス(塩見岳)
ジャンル テント泊縦走
天候 晴れ
行程 15日(日):三伏峠小屋3:05〜本谷山4:15〜ゴーロ5:10〜塩見小屋5:50〜塩見岳7:00/7:20〜北俣岳分岐7:45〜北荒川岳(100高山)9:40〜新蛇抜山(100高山)11:00〜安倍荒倉岳(100高山)12:15〜熊ノ平小屋12:50(テント泊)
報告 15日(日):2時起床、3時出発。昨日は疲れきってよく寝れたせいか目覚めも良く疲れもかなり解消された感じ。だが、左目に違和感を感じる。昨日、虫に刺された様で、目が開かないくらい腫れ上がっていた。自分の顔を見るとお岩さんのようだ!気持ちが落ち込む。だがそんな事も言っていられない。
今日の行程時間は9時間40分。今回のメインコースとなる仙塩尾根だ。天気も良好。
三伏山〜本谷山まで、まだ真っ暗な中快調に足を進める。塩見小屋に到着する頃は透き通るような青空が広がっていた。小屋を通り過ぎる頃から岩場が出始める。黙々と登っているより岩場を登る方が気が紛れ楽しい。時々花達も岩の間から姿を見せて励ましてくれているようで癒される。
塩見岳山頂では早くも何人かの人達がいる。きっと塩見小屋から来ているのであろう。
暫く休憩をとり、ここからが今日のメインルート。まだまだ先は長い。
山頂からはいきなりガレ場を急下降。私の最も苦手とする所だが、A氏はさっさと下る。
北俣岳分岐でようやく平坦な道になる。振り返ると塩見岳がはるか高く聳えている。
一旦下山すると再び樹林帯を進む。そしてまた登る…。と細かいアップダウンが体力を消耗させ、少しの登りでも息切れ。何度も水分補給をしながら進む。
途中に新蛇抜山、安倍荒倉岳と共に100高山との事。せっかくなので2ヶ所共登頂する。
後少し…。熊ノ平に到着したのは三伏峠小屋から9時間45分。ほぼコースタイム通り。
疲れがどっと出る。ベンチに座ると放心状態。小屋の目の前のデッキからは、農鳥岳が一望でき、素晴らしい場所である。暫く休み、受付&ビールを購入しテント設営。
ビールとつまみで乾杯!!(この時点では、明日北岳に登れるか不安な私であった。)
ビールとつまみを堪能してお昼寝タイム。バタンキューでグッスリ2時間入眠。
第2段はカレーを食べ、明日の為に再び19時に就寝する。

夜あけ前の塩見岳

塩見小屋、後方右天狗岩、左塩見岳

天狗岩を南に巻く

塩見岳最後の登り

塩見岳(東峰)山頂

これから向かう仙塩尾根

東峰から見る西峰

蝙蝠岳、後方に富士山

塩見岳の下り

更に下り。急下降のガレ場

北俣岳分岐から塩見岳を振り返る

いい感じ

北荒川岳手前の避難小屋

新蛇抜山山頂。展望良いが狭い。

安倍荒倉岳山頂。こちらも同様。

熊ノ平小屋