一覧へ戻る
アサヨ峰〜鳳凰三山 : 2018/07/14 (土)〜07/15 (日)
報告者 比留間麻(全3名)
山域 南ア
ジャンル 夏山縦走
天候 両日とも晴れ
行程 7/14
自宅(4:30)⇒八王子IC⇒甲府昭和IC⇒西河原橋P(乗合タクシー)⇒広河原(9:10)⇒北沢峠(9:40)→仙水峠(10:50)→栗沢山(12:40)→アサヨ峰(14:00)→早川尾根小屋(16:30)(泊)
7/15
早川尾根小屋(4:00)→広河原峠(4:30)→白鳳峠(5:50)→高嶺(6:55)→地蔵岳(8:05-8:40)→観音岳(10:20)→薬師岳(10:55)→苺平(12:50)→夜叉神峠(15:00)→夜叉神登山口(15:45)⇒入浴後帰京
報告 最難関は晴天の3連休の駐車スペース。芦安駐車場の数キロ手前で脇に誘導され、ここから上の駐車場はすべて満車と言われる。夜叉神までは入れないかもしれないとは思っていたが、それよりもはるかに手前だった。ここから何とか乗合タクシーの隙間に乗り込んで芦安駐車場〜広河原、さらにバスで北沢峠にたどり着いた。

初日は北沢峠から仙水峠を経て早川尾根に上がり避難小屋に一泊し、2日目は鳳凰三山を巡って夜叉神に下る周回コース。早川尾根、鳳凰三山とも南アルプスはじめ360°の大展望が続き、岩稜まじりの稜線を進む気持ちのいいコースだった。しかし2日間とも天気がよすぎて日差しを遮るものがなく、白い花崗岩の照り返しがきつかった。タカネビランジなどたくさんの花を見ながら、ゆっくりと縦走した。

早川尾根小屋は避難小屋なのに大にぎわいで、中に約20人、テントも10張以上。雨が続いていたそうで、水場の水は豊富に出ていた。過去には水が涸れていて広河原まで汲みに下りた学生パーティーもあったと、あとで夜叉神峠小屋で聞いた。薬師岳小屋は昨年新築が完成したばかりでピカピカだった。

栗沢山 ここまでの樹林の登りが暑くて大変だった

早川尾根 気持ちのいい岩稜歩き

アサヨ峰 大展望だ

早川尾根小屋 思いがけない混雑ぶり

小屋の水場 この日はジャンジャン出ていた

高嶺 向うに北岳

前方の地蔵岳オベリスクを目指して進む

もうすぐ賽ノ河原に到着

オベリスク くちばしの付け根まで行ってみた

タカネビランジ たくさん咲いていた

観音岳手前から地蔵岳を振り返る

富士山を眺めながら稜線漫歩

観音岳 後ろの岩の向うに三角点があった

薬師岳 広くてどこが山頂? という感じ

薬師岳小屋 赤い屋根の新築の小屋

夜叉神峠小屋 あとは夜叉神登山口まで下るだけ