一覧へ戻る
笹子から河口湖 : 2018/07/14 (土)
報告者 中島
山域 富士山
ジャンル ハイキング
天候 曇り
行程 笹子駅6:45ー角研山ー本社ケ丸10:00/10:20ー清八山ー開運山(三つ峠)13:00/13:40−天上山15:50−河口湖駅16:30
報告 久しぶりに一人で長く歩いてみたくなり、笹子から河口湖まで尾根道を歩いてきました。
ホンジャガマルとか、キヨハチトウゲという語感がなんとなく好きで、この山に登るのも四回目になりました。
前回は笹子から三つ峠まで歩いたのですが、Sさんが河口湖から三つ峠へのルートが良かったと言っていたのを思い出して、今回は、更に三つ峠から河口湖まで足を伸ばすことにしました。
普段はつけない巡礼鈴をザックにつけてチリ〜ン、チリ〜ンと鳴らしながら歩きます。
本社ケ丸は、通常は狭い山頂に大勢の人がいるのですが、朝早いのか、私一人。でも富士山も三つ峠も雲に隠れて見えません。
本社ケ丸を越えて清八山に登る頃に疲労感がピークに達し、それを越えると足腰が山モードになります。
三つ峠直前の御巣鷹山への急登も前回は辟易したのですが、沢の詰めを何回も経験していると普通の坂に感じ、本山岳会に入ってからの自分の変化というものを改めて認識いたしました。
三つ峠から河口湖へ降りる尾根道は左斜面から吹き上げる冷風が気持ちよく、ほとんど平坦な道をのんびりと南に向かって歩きます。
しかし、歩いても、歩いても、次の天上山に着かない、なが〜い道。
やがて、外人が現れ、数人ずつ歩いてきます。
カチカチ山ロープウェイで、河口湖からゴンドラリフトに乗って上がってきた人たちです。
富士山が世界遺産に登録されてから、河口湖にも外人が殺到しているとのこと。
河口湖駅には、東京へ向かう高速バスが4〜5台止まっていて、外人でいっぱいです。
山から降りてきた私は、まるで、地方から東京にやってきたオノボリサンです。
山登りに来たつもりだったのですが、時代の変化を感じたのが今回の最大の収穫でしょう。

本社ケ丸10時、まだ誰もいません

雲が次第に重く垂れ下がってきます

三つ峠山頂への立派な階段--好きではありません

開運山のソーメン--開運ソーメン--なんちゃって

河口湖が見えました。

天上山のアジサイ

河口湖