一覧へ戻る
皇海山(すかいさん)(作成中) : 2018/05/26 (土)〜05/27 (日)
報告者 小林
山域 日光
ジャンル ハイキング/バリエーション
天候 5/26(晴れ→曇り)、5/27(晴れ)
行程 5/25(金)
 調布駅前19:30→関越道→北関東道→R122(渡良瀬渓谷沿)→23:00銀山平キャンプ場(焚き火宴会&泊)
5/26(土)
 銀山平キャンプ場4:30→車移動→?:00一の鳥居4:30→庚申山荘(荷物デポ)→6:20庚申山→8:30鋸山→9:00不動沢のコル→皇海山→不動沢のコル→鋸山→庚申山→19:30庚申山荘(泊)    
5/27(日)
庚申山荘9:00→一の鳥居→車移動→10:00銀山平10:30→10:30かじか荘(温泉)11:30→帰京
報告  5月会山行参加者ゼロのため中止になり前から気になっていた皇海山Pに参加した。秋にはバリエーションで森さんと皇海山行くので下見にも良いかと気楽に参加したのだったが、今回の点線コースは予想以上に厳しかった(/_;)
<5/25(金)>
 銀山平キャンプ場に早く到着したので、早速周囲から薪を集め焚き火宴会を開始。重本さんもはるばる岩手から到着。4人で火を愛でながら盛上ってしまい持って行った焼酎パックが登る前に空になってしまった。銀山平キャンプ場は、設備も充実した広くおすすめキャンプ場であった。
<5/26(土)>
 名古屋組&森さんと登山口駐車場で合流し全員がそろったので一の鳥居駐車場まで移動。一の鳥居駐車場からはヘッテンをつけて庚申山荘をめざし出発。庚申山荘までの道は一般の参拝者用に石畳みも多く良く整備されていてとても歩き易かった。さらに庚申川渓谷脇の新緑の緑がきれいであった。一年で一番気持ちも良い時期である。
 今日の工程は長い。急いで庚申山荘では布団を敷き寝床を確保し不要荷物をデポし出発。庚申山荘は大きなログハウスで、無人小屋としては立派できれいである。庚申山までは、岩々でなかなか楽しいちょっと「妙義」に似ていると感じだ。
庚申山までは入山者が多く道も整備されているが、その先の”庚申山→鋸山”間は点線コースであり踏み跡が薄くところどころ笹や倒木で荒れていた。(森さんと登山道整備をしようかと感じた)鋸山までは、ハシゴ、鎖場がたくさんあり、更に荒れたコースのため緊張する箇所が何ヵ所かあった。それでも予定より遅れたが全員無事なんとか鋸山に到着し360度の展望を楽しんだ。その先、鋸山から皇海山に行くには一旦「不動沢のコル」までのガレバをくだらなけばならない。「不動沢のコル」からは最後の力を振絞り「皇海山」まで一気に登頂。ウウーン聞いていたとおり「皇海山」頂上展望良くありません(-_-;
 本日の核心部である帰りの鋸山から庚申山の下りでは保険としてところどころロープを出した。ロープ出したりところどころでルートロスしたので庚申山荘には19:30の到着になってしまった。
 小屋では先に到着していた名古屋の女性組が夕食を作ってくれており、おいしい食事をいただけて大感謝。もちろん夕食後はきれいな星の下で焚き火宴会を堪能し深夜まで山、恋愛話、会の愚痴話に大いに盛り上がる。
<5/27(日)>
 今日は帰るだけなのでゆっくり起き朝食、小屋掃除して庚申山荘をでる。森さんが育てた野生鹿の「ハナ」に会えなかったのは心残りであった。庚申山荘また秋の紅葉時期にでも利用したい山荘です。しずかで広く設備が充実しているのがGOOD POINT!