一覧へ戻る
北ア立山 : 2018/05/26 (土)〜05/27 (日)
報告者 橋本
山域 立山連峰
ジャンル 残雪期登山
天候 晴れ
行程 ・5/26(土):(圏央道)秋川IC→(中央道)→(長野道)安曇野IC→扇沢P:0730→(トロリーバス、ロープウェイ、ケーブル)→室堂:0900→一ノ越:1030 (荷物デポ)→雄山:1140→大汝山:1210→雄山:1300→一ノ越:1400→室堂山荘通過→雷鳥沢テント場:1630 (テント幕営・泊)
・5/27(日):雷鳥沢:0730→みくりが池:0900 (温泉)→室堂:1100→(トロリーバス、ロープウェイ、ケーブル)→扇沢P:1250→帰京
報告 ・HSは、久し振りの立山。MIGさんは、初めての黒部ダム、立山、雷鳥沢にワクワク大喜び。

当初、2日目に雄山ピストンを予定していたが、天気が良いこともあり、急遽、当日トライに変更した。 朝一のバスでは、登山者よりも観光客よりも、スキーヤーが多く、大きな板を持って乗車するのは、本人達も周りも大変な状況だった。

・室堂からは残雪期登山。 雪は軽いシャリシャリ状態。 斜面では踏み外さないよう注意しながら進む(万一落ちたら、あ〜れ〜、の状態)。 でも、アイゼン、ピッケルを必要とするほどではなかった。 一ノ越から上は雪は無く、夏道のガラガラ状態。 300mのこう配を一気に上がる。 立山の主峰、雄山の頂上(3003m)では、360°北アの名峰をたくさん見れて興奮気味。 雪山のパノラマ景色を堪能した。 最高点の大汝山(3015m)では、頂きにトライ。 無事、ピークに立つことが出来た(もちろんセルフ済み)。 雷鳥沢への下山後、温泉を楽しみにしていたのだが、な、な、なんと!入ろうと思った少し前に機械の故障で今日の入湯は中止。 仕方ないので、その日はお風呂無しでおやすみなさい。 でも、風も無く穏やかで静かな雷鳥沢を楽しんだ。 ずうっと居たかった。 夜なか中、雷鳥の鳴き声が聞こえていた。

・翌日は、帰るだけなのでダラダラと支度。 ちょうど温泉の開店時間と重なったので、急遽、みくりが池温泉に入ることとした。 洗い場、浴槽も広く、快適な温泉を楽しむことが出来た。 お風呂上りのMGさんは早速ビールで満足。 HSはホットココアとピザと言う妙な組み合わせを注文してしまい後悔。 でも、単品ではどちらも美味しかった。
帰りは団体観光客(日本人よりもアジア系の方が多い)と重なってワイワイ状態。 それでもピーク時期に比べれば全然少ない。

*今回、ダム放水の期間では無かったのだが、それを見にまた訪れることを誓って、立山をあとにした。 あと、下の廊下もね。

扇沢P

黒部ダム

室堂での山岳情報

雄山3003m

うしろには雪と岩の殿堂 劔

室堂を一望

日暈(にちうん・ひがさ)

頂きへトライ

大汝山3015mピーク

雷鳥沢テント場

今夜のごはんは何だろう

雪斜面での練習

みくりが池

日本一高所の温泉

まだ、雪で覆われている

来年には新しい電気バスに変わっちゃうよ−