一覧へ戻る
霞沢岳西尾根 : 2018/04/01 (日)
報告者 山田
山域 北アルプス
ジャンル 雪山初級バリエーション
天候 晴れ
行程 3/31(土) 調布13:30 沢渡ライダーハウス17:00
4/1(日)ライダーハウス5:00=5:10釜トン入り口5:15〜5:45西尾根取り付き6:15〜10:15霞沢岳10:25〜13:20西尾根取り付き13:45〜14:10釜トン出口=14:20ライダーハウス
報告 山田にとって二度目の残雪の北アルプス。しかも今回はバリエーションルート。前日からワクワクが止まらず中々寝つけなかった。朝は4時に起きて各自準備して5時に出発した。事前に調べたところ、取り付きからしばらくはもう雪が無く、藪漕ぎとの情報。実際に行って見るとほとんど雪は無く、藪漕ぎ。しかも藪漕ぎしながら足元はカチカチの氷。早々にアイゼンを付けた。ピッケルも石付きが刺さらずピックを使っての登り。所々落ちたらまずいなという場所があり、緊張感を持っての登攀。1時間も登ると右手に綺麗な乗鞍岳が見えはじめ、心が和む。そして訪れた核心部のリッジと岩峰。慎重に進んだ後に見えてきた奥穂高、前穂高は最高の眺めだった。山頂には誰もおらず優雅に記念撮影をして早々に下山開始。核心部の岩峰は懸垂で通過した。帰りもかなりの傾斜で緊張感を持っての下山だったが全員危なげなくしっかりとした足取りで下山。と思いきやKさんは掴んだ木が折れて頭からダイブ。山田は笹で滑ってお尻が泥だらけ。Mさんも滑った。リーダーだけ一度もこけずに下山完了。流石です。経験したことの無い傾斜に経験したこと無い細いリッジに経験したことないアイゼンを付けての岩登りに初めての残雪の北アルプスでの登頂。初めてづくしの一日はとても楽しい思い出になった。

上高地トンネルを過ぎたところに取り付きがあります

取り付きの目印は電信柱と踏み跡とロープです

藪漕ぎ&足元氷

傾斜もなかなかのものです

途中からずっと乗鞍岳が綺麗に見えました

リッジは踏み跡バッチリで不安無く通過できました

岩峰には雪は無し

山頂貸切でした

帰りも美しい焼岳を見ながらの下山

藪漕ぎも楽しかったです。この後山田はこけました