一覧へ戻る
唐松岳 : 2018/04/07 (土)〜04/08 (日)
報告者 川合
山域 北アルプス
ジャンル 春雪山
天候 4/7曇り、4/8雪
行程 1日目 分倍河原集合7:00・出発7:20〜 白馬八方尾根スキー場10:45 〜リフトに乗り八方池山荘到着
2日目 八方池山荘7:20〜八方山ケルン8:08〜第2ケルン8:32〜第3ケルン8:59〜八方山ケルン9:30〜山荘9:50着
報告 白馬八方尾根スキー場に到着。到着するなり強風でリフトが止まるアクシデントに。喫茶店に行き山行計画の練り直しをしながら待つ事約1時間、八方池山荘に泊まる人だけリフトに乗せてもらえることになりやっと山荘に到着。小林隊長は山スキーに、それ以外のメンバーは山荘でプチ宴会開始。隊長がスキーから戻ったら、待望の雪洞を掘るためにあたりを物色。思ったより雪が少なく大人3人が入れるくらいのカマクラが完成!バーナーで熱燗にして完成祝いの盃を交わしました(笑)
結構吹雪いてきたので雪上訓練はやめておきました。夕食後は宴会をしながらも隊長から雪山でツエルトを貼る時はペグでは無く割り箸を使うと教えていただき隊長の貫禄を感じました。
翌日も吹雪いており、山の天気予報はCランクで30センチ以上の積雪が予想されました。ツアーの団体が先に唐松岳に向かっていたのでそのあとからトレースのついたところを歩いて行きましたが、ツアーの団体に追いついてしまいラッセルしながら進む事に。ためしに膝上まである雪をラッセルしようとするが足が思うように上がらず苦戦。そこで先頭を小林隊長に代わっていただき、あとから進む事に。スノーシューにフカフカな新雪はとても気持ちが良かったですが、景色が良ければ言うこと無しでした!
第3ケルン、八方池付近に到着したところでこれ以上進むのは危険と判断し引き返す事に。帰りに見た八方山ケルンは雪に覆われ、行きにみた姿とは一変していました。この降りだと目印も無くトレースも消えて遭難の危険があると身をもって実感。山頂に行けなかったのは残念でしたかそれと引き換えに雪山の厳しさを学んだ貴重な体験をさせていただきました。
憧れの北アルプスでラッセル体験、雪洞、酒(笑)などを通して仲間との交流もはかれて楽しい2日間でした。また来年行きたいお山になりました!
ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。