一覧へ戻る
日光白根山 : 2018/03/24 (土)〜03/25 (日)
報告者 吉村繁明
山域 日光白根山
ジャンル 残雪期の春山を楽しむ山行
天候 24日(土):快晴 25日(日) 深夜から朝強風
行程 24日 調布駅5:50 - (東北自動車道・日光宇都宮道路) ー日光湯本スキー場9:45-リフト終点11:30-外山尾根道登行し稜線14:40-前白根山15:25-五色沼避難小屋16:20到着 25日 起床5:00-避難小屋発7:00ー白根山頂8:45-避難小屋着10:15-避難小屋発11:10-前白根山頂12:00ー(外山尾根経由下山)ー日光湯本スキー場駐車場着15:20
報告 名古屋からのグループと合わせて20名以上の多くの参加がありました。会として参加者をウサギさんチーム・カメさんチーム・超カメさんチームに一応分けて登りました。リフト終点から稜線までの2時間はアイゼンをつけての想定外の急登でした。この時期の雪にしてはしまっていて歩行は雪が団子になることもなく快適でした。稜線から前白根山までは快晴の中を男体山と中禅寺湖を見ながら春の山を楽しむ。稜線歩きを楽しみながら五色沼避難小屋を目指す。五色沼は一面雪に覆われていた。前白根山から1時間ほどで小屋に到着。テント泊パーティーと避難小屋泊りの単独登山者の先行隊がいたが、私たちの到着でにわかににぎやかになる。早速夕飯と宴会に向けて食事の準備。オードブル・トマト鍋・カレー鍋を囲み初対面のメンバーも多い中、すぐに山談義で盛り上がった宴会になりました。食当の女性リーダー3名の方、メニューありがとうございました。山の食事は、いつもレトルトと卵スープの質素にしている小生にはごちそうでした。翌日は、5:00起床。昨日の急登とのみ疲れかそれぞれの理由で、白根山に出発したのは、小林さん川合さん吉村ゲスト3人の合計6人でした。それほど深くないラッセルをこなしながら1時間45分で山頂到着。360度展望を快晴の中楽しみ避難小屋に向けて慎重に下る。待機組と合流したところで小屋の前で全員で記念撮影。昨日きたルートを辿り前白根山を超えてスキー場まで下る。重本L他各担当の方、大人数の取りまとめありがとうございました。 良い写真をお持ち方、よろしかったらアップをお願いします。パスワード:52646 です。