一覧へ戻る
尼ケ禿山(会山行) : 2017/01/29 (日)
報告者 はまべ(15名P)
山域 上州武尊
ジャンル 雪山ハイキング
天候 晴れのち曇り
行程 06:15 調布たづくり前 集合
調布-沼田-玉原スキー場パーキング 09:30着
10:30 玉原スキー場パーキング → 11:00 玉原湖ダム管理事務所 → 12:10 1300m地点(昼食)下山 12:50 → 13:50 玉原湖サイクリングロードを湖西〜北〜湖東 → 14:20 センターハウス(中心広場)→ 15:00 玉原スキー場パーキング  
報告 調布を出発して関越道から玉原スキーパークの駐車場に着いたときは快晴、気温は3℃、絶好の山行日和だ!
駐車場で準備を整え、まずは玉原ダムまでの車道を20分ほど下る。
車道からダムまではつぼ足でなんとか降りるが新雪なのでもちろん歩き難い。
ここで隊長からワカン、スノーシュー装着の指示があり、みんなで装着する。・・・なれないと難しいが、なるべく早く装着するようにした。
Hさんのワカンは丸型の「竹製」でカッコいい(^_^)

尼の禿山をバックにダムから総勢14名で記念撮影の後、さあ出発だ!
玉原湖の奥にそびえる上州武尊山を右手に眺めつつ、玉原ダムを東の端から西側に渡る。
玉原湖沿いを北に少し進んだものの登れそうな道はなく、尼ヶ禿山方向に向かって急斜面の直登を選択。ここから山頂(手前?)を目指す。もちろんトレースなどなく、隊長が先頭でラッセルを開始、以下13名が続いて登る。
急坂を1時間ほど登ったところでようやく緩やかな傾斜となり一安心。
新人のYくんは踏み跡のない林間を水を得た魚のようにどんどん進んで行く・・全くの疲れ知らず、若い^ ^
途中で先頭を交代しながら、1300m地点でお昼を迎えることになった。
ピークまではまだ半分の道のりだか、風をしのげるなだらかな山腹での昼食タイムとなる。
それぞれが持参したお弁当を食べながら山話で盛り上がる↗やはりこの時間が一番楽しい!
昼食が終る頃は既には引き返すリミットの1時を迎えていたこともあり、ピークを諦めて下山を開始する。
帰りのルートは玉原湖の北西側に向かった急な下り坂でここを一気に降りる。下りのワカンは登りに比べて難しいので、とにかく滑らないように気をつけながらどんどんと下りて行く・・・
ワカンに慣れていない人も(特に自分)ベテランのHさんUさんからの指導のもと徐々にコツを掴んでいく。
これだけでも来た甲斐がありました、感謝です(^_^)

後半は曇りだったものの、天気にも恵まれ、皆で雪山ハイキングを存分に満喫した、楽しい山行だった。

隊長、サブリーダー、教えてくださった皆様方ありがとうございました。



ワカン装着

記念撮影1

記念撮影2

玉原湖

ツーショット

ここを直登

林道を進む

急な下り1

急な下り2

隊列を組んで

雪道を

玉原湖を西から

湿原は雪の中

ミニ雪の回廊

最後の休憩