一覧へ戻る
阿武隈水系 南沢 : 2016/10/02 (日)
報告者 橋本
山域 那須
ジャンル 沢登り
天候 曇り
行程 朝食:0800→保養所:0845→南沢入渓:1020→甲子山:1415→甲子温泉:1645→あぶくまスパーリゾート:1745→東京
報告 南沢は初の入渓。 沢でのリーダー役も初のkbさん。 個性ある面々を連れて、どんなドラマが待ち受けているか、、、。

まずは、入渓口探しから右往左往。 しかし、さすが福島育ちのリーダー、地元の釣り人に情報をもらい、なおかつ、「目印を付けておくよ」と言うサポートまで取り付けてしまった。
それでもちょっと迷い、何とか沢への入口へ。 沢地図を確認し、さぁ〜いよいよ遡行です。

メンバーは、今日に至るまでの沢経験、地図読み経験を生かすべく、迷いなくどんどん進んでゆく。 小さい滝、中ぐらいの滝を難なくクリアして行きながら、また途中で隊長指導のロープワーク訓練を交えながらの遡行。
途中、リーダーがドボンするハプニングがありながらもラスボス並みの大滝へ。 やはりここでも隊長の登攀技術が生きてくる。 リードしロープを垂らす。 崩れやすい急斜面をトップロープで一人ひとり慎重に登っていく。

これで終わりかと思いきや最後の試練が待っていた。 頂上への最後の登りはヌメヌメの岩斜面だった。 フェルト組が難なく登っていく中、ラバー組は無茶苦茶苦労。 それでも、皆無事に登頂出来ました。

*温泉着く頃、あたりは真っ暗。 こんな時間なのにまだ福島にいる。 でも渋滞にも巻き込まれず、無事帰ってきました。
那須保養所+福島での沢リーダーお疲れ様でした。

山頂に無事、辿り着きました。

さぁ、出発!

シースルーデビューのリーダー

隊長、果敢に挑む。

リーダーも後に続く。

沢水でコーヒータイム。至極のひと時。

隊長もお疲れ?

頑張るりかさん。

どっちへ行く?

深みに、はまった隊長。

リーダーこの後、落ちました。

ここ登れるの〜?と見上げながら唖然。

りかさん大丈夫か?

ラバーソールではツルツルで大変だった。

温泉入って乾〜杯。こんな時間なのに、まだ福島にいます。

リーダーお疲れ様でした。