一覧へ戻る
北ア右俣林道 : 2017/01/21 (土)〜01/22 (日)
報告者 橋本
山域 穂高連峰
ジャンル 下見ハイキング
天候
行程 1/21(土):(圏央道)日の出IC→(中央道)→(長野道)松本IC→新穂高ロープウェイP:0845→(右俣林道)→途中断念ビバーク:1400
1/22(日):下山:0815→(右俣林道)→新穂高ロープウェイP:0930→温泉→松本IC→帰京
報告 当日朝まで降雪。かなり降り続いてました。 前夜、車で進むことも大変な状況。

登山口まで辿り着かないことは仕方ない思ってましたが、まさか「穂高平小屋」までも行き着かないとは思いもしませんでした。
Pを出た時から、腰下までのラッセル。 新雪なのでワカンを履いてもツボ状態。 但し、新雪なのに微妙に重く、足を上げる際は、ワカンの枠が返って抵抗になっていました。
ひどいところは胸高さまでの壁。ところどころ小さなデブリがあるため、山側の斜面を気にしつつ、また、風が吹くと枝に付いていた雪が落ちて被るなど、いろいろな条件を経験することが出来ました。

*今回の経験を元に、時間が取れる限り、再トライしていきたいと思います。
 今回、携帯が繋がるエリアからも抜け出すことが出来なかった故、携帯を通じて、天気情報、位置情報、励まし等頂き、心強く進むことが出来ました。感謝しております。

当日朝まで降り続いた雪

新穂高ロープウェイPを出発

埋もれてしまったカーブミラー

埋もれてしまった、登山口ゲートの橋

時折り青空は見えたのだが

翌日戻ってきた時は既に整地されていた。素早い対応に感謝。