一覧へ戻る
蓼科山_冬山入門 : 2016/12/17 (土)〜12/18 (日)
報告者 濱邊
山域 八ヶ岳(蓼科山)
ジャンル ハイキング
天候 晴れ
行程 17日(土)ミヤシタヒルズキャンプ場ロッジ泊 16時30分着
18日(日)07:50出発 白樺国際スキー場(御泉水自然公園入口)七合目登山口駐車場 08:30着
     ※ソリ準備、運搬訓練
     09:20 七合目一の鳥居出発(ソリによる運搬訓練)
     10:10 馬返し
     11:00 天狗の露地(ソリデポ)
     12:20 蓼科山荘 12:30
     13:25 蓼科山頂(山頂ヒュッテ) 13:40
     14:15 蓼科山荘 14:30
     14:50 天狗の露地
     15:30 馬返し
     15:40 七合目一の鳥居、七合目登山口駐車場
報告 17日午後に府中でメンバー5人が合流、食材を仕入れてさあ蓼科へ向けて出発だ!
高速道路も混むことはなく予定通り2時間程で今日の宿泊地ミヤシタヒルズキャンプ場に到着した。
残念ながらキャンプ場には雪が無く、屋外での訓練を中止してロッジ内にて松澤隊長によるロープワーク講習会が始まった。
初心者である私とNさんは興味津々で隊長や先輩方の指導のもと、今回購入した(Kさん)ソリ相手にFさん含め全員で様々なロープワークを試した。
何とかできるようにはなったものの、翌日まで覚えているかとても不安(翌日に不安は的中)

充実した勉強会の後はお待ちかねの夕食タイム。食事係の2人(Fさん+H)は連携しながら仕入れた食材で手際よく、前菜からメインの鍋、〆のラーメンまでを作った。
メンバーは気持ちよく完食してくれたがアルコールの量が心配(これも不安的中)
運よく焚き火台の貸し出しがあったのでKさんは迷わずポケットマネーで薪を購入した。燃える火を眺め、時間がたつのも忘れて初日の夜は更けていった。

翌朝は少しアルコールが残っていたものの、快晴の冬空に勇気をもらい蓼科国際スキー場に向けて出発した。
事前の情報ではゴンドラが動いていなかったため七合目まで歩き覚悟で向かったが、運よく7合目の登山口駐車場まで車で入ることができた。

今回の山行の目的は、隊長はスキーの錆おとし、副隊長は新スキーの足慣らし、FさんNさんHはワカンに初挑戦、ソリを使った物資運搬訓練だった。
各々準備を済ませ、荷物を乗せたソリにロープを結んでK副隊長を先頭に一の鳥居登山口から入山した。
ソリ訓練では順番に先頭を交代して進み、後方での方向コントロールを覚えながら、コツをつかみながら少しずつ進んだ。
馬返し迄のゴツゴツした石が出ている場所では担ぎ上げるなどしたが、しばらく進むとだんだんと雪は深くなり、めり込むワカンとソリの重みで疲労はたまってゆく。
冬山初挑戦のNさんは予想以上の馬力でソリの先頭を力強く進み、Fさんも遅れることなく健脚をみせるなかでHは息切れ・・・
途中でソリをデポし、樹林帯を抜けるとようやく蓼科山荘に到着した。
蓼科山荘からは残る樹林帯の先には青空の下、白く姿を変えた蓼科山がたたずみ一同うっとり。
予定時間を1時間オーバーしていたため、とりあえず行けるところまで行き、引き返すつもりで山頂を目指すことにした。
しばらく進むと急登が始まり、ワカンも下滑りし始めたのでアイゼンを装着し(Nさんはなんとワカンで)引き返す頃合を見計りながら山頂を目指した。
そろそろ限界かなと思っていた矢先、すれ違った下山者から「あと少しで山頂すよ」との声を掛けてもらい、10分後に山頂に立った。
蓼科山頂は思ったよりも広大でもっとゆっくりしたかったところだが、気温が低くしかも風が強い。360度のパノラマ展望はまさに圧巻の眺めだったが記念撮影をして早々に下山した。
蓼科山荘までは約35分、隊長と副隊長はスキーに履き替えて山スキーでソリデポ地点まで、果たして樹林帯のこの狭い中を下山できるのか?
後で聞くとほとんど滑れるところが無かったとのこと・・・
ソリデポ地点からはソリに荷物を乗せて、再びソリによる下山訓練を開始!下りは登りに比べてスピードが出るため、ソリのコントロールが難しい。
おまけにパウダースノーは溶けて地肌が見えて石がむき出しになっているため担ぐ場所も多かった。
下山を開始して約2時間で7合目の駐車場に到着し、皆で握手。
お決まりの温泉で汗と疲れを流して帰途につく。
冬季の雪山は約5年ぶりでご迷惑をおかけしましたが、隊長、副隊長、Fさん、Kさんの、Nさんの皆さんのおかげで無事に楽しく山行することが出来ました、ありがとうございました。
やはり冬の景色、踏みしめる雪の感触は格別なものです。

隊長のロープ講習会を熱心に聞くメンバー

○○ノット覚えたかな?不安

さあ宴会開始

たき火は楽しい、おなかいっぱいでくつろぐ

そり準備に抜かりなし、ロープワークも・・・

ソリによる物資運搬訓練開始

Fさんそりの後ろで見事な手綱さばき

3人で曳く姿は力強い

蓼科山荘前にて

蓼科山頂は快晴

蓼科山頂から見下す樹林帯

蓼科山2530m

見渡す山々

隊長スキーにて下山

撤収