一覧へ戻る
日の出山 : 2016/12/10 (土)〜12/10 (土)
報告者 加藤真 
山域 奥多摩
ジャンル ハイキング
天候 晴れ
行程 9:05みたけ駅→9:25北尾根登山口/9:30歩行開始→日の出山11:30着/12:30発→13:35つるつる温泉着
報告 この日も頂上はハイカーで賑わっており、冬の晴天の山並を楽しんでいました。
北尾根はバリエーションルートになっているようですが、旺文社の地図にも記載されており、ネットで検索すると山行記録が幾つも上がっています。
道も歩きやすく良い尾根だと思います。
アクセスも良く、行程時間も短いので、時間が無い時の一人歩荷や”困った時の高尾”の次は、「日の出山 北尾根」→つるつる温泉で〆、というのはお気軽お手軽に楽しめて良いな、と思いました。

【危険箇所】特に無

【コース概要】
1、北尾根登山口が「え〜っ、ここ??!!」と、いうような地味ィな取付。うっかり通り過ぎてしまいそうになりました…。
2、地味ぃな登山口ですが、取付=急階段→急勾配でいきなりグイグイ上がっていきます。
3、大量の落ち葉を踏む音と風にきしむ木の音だけがかすかに聞こえる静かで綺麗な尾根です。
踏み跡も有り、迷うことは無いです。
4、途中で奥多摩の山々を眺められる展望が良い場所が有ります。
高度があがっていること、周りの山を知るのに、御岳山頂上付近の宿坊が一つの目安となり、わかりやすいです。
5、日の出山頂上西側にある改装されちたばかりの「東雲山荘」を見学させて頂きました。
ゆーこさんの嗅覚が見事に的中、東京の山にこんなに素敵な宿泊所があるとは驚きでした!
薪ストーブとお手製の木の椅子、羽根布団、調理場付、1グループ貸切のみ(6〜19人)とのことです。
コレは使えそうです!

(報告:松木・後半の写真5枚のみ)

駅からこの橋を目指して歩きます。が、地図にも無い様な……

登山口で準備中

山頂にて 三人のビタミンカラーのウェアが青空に映えていますよね!?(U子はS川ポーズ)

登山道にて、M美さんから質問「山道具のなかで今一番ほしいものって?」

M子さん「私はフリースかしら?PATAGONIAがいいわねぇ」U子「・・・(私この間戦闘的なヤツポチったからなあ・・)」

日の出山頂上にぽん!と出ます。頂上でランチしてる人から見ると変なとこから上がって来た変な人たち、となります。

U子がプチボッカしたお水はここに寄付。お礼にと、管理者のおじさま(W田さん)から自作の絵はがきを頂き、その後も自慢の写真やペーパークラフトが次から次へと・・外のおふたりをお待たせしてしまいましたm(_ _)m

来年はワタクシ(U子)予約させていただきます!乞うご期待!