一覧へ戻る
乾徳山&西沢渓谷(会山行) : 2016/10/22 (土)〜10/23 (日)
報告者 舟久保
山域 奥秩父
ジャンル ハイキング
天候 22日、23日ともに晴のち曇り
行程 10/22(土)
南大沢集合06:30〜(中央道)〜乾徳山登山口(大平高原P)09:25-09:40〜国師ヶ原/高原ヒュッテ(デボ)10:30-11:00〜扇平11:40〜乾徳山12:45-1300〜高原ヒュッテ(宿泊)14:30
10/23(日)
高原ヒュッテ0530〜乾徳山登山口(大平高原P)06:25-西沢渓谷駐車場0715〜七つ釜五段の滝(西沢渓谷終点)09:30〜下山路09:45〜子酉橋1045〜西沢渓谷駐車場11:05〜道の駅〜笛吹の湯11:30ー12:20〜解散〜帰京
報告 【10/22(土)】
これといった渋滞もなく大平高原Pに着。お天気も〇。まずは高原ヒュッテを目指す。
高原ヒュッテは内部もトイレ(バイオ)も新しい。荷物をデポして早速乾徳山に向かう。
名付けられた岩々に「へぇ〜」、鎖などのアスレチックに「おぉ〜」、時おり開ける眺望に「わぁ〜」。
そして最後の長い鎖を経て、無事に登頂。
頂上はまずまずの混みよう。お昼をとり下山。その頃から少し曇ってきたのでラッキーだった。
さて、リーダーSさんが前もって言っていたので覚悟はしていたが、水のタルを過ぎた辺りから、個人的に苦手なガレ場の下り。練習と思ってストックを使うも、慣れないストックにかなりヘボい歩きに。後ろの皆さんはさぞかし歩きにくかったことと思います。
途中、Yさんの一言でハッ!少し道を外れていたことに気付く。
道らしい道ではなく、目印もあるかないかで、こういう所が道迷いしやすい場所だと納得。
自分も歩くことだけに夢中になって、後から付いていくだけになっていたので、気をつけなくては。
無事にヒュッテに戻り、鹿たちを見ながら、他の登山者たちが去っていくのを待つ。さすがにヒュッテを使う人はいないらしく、貸切決定。
皆が去って、ちょっと早いけれども夕飯の準備。自ら手をあげてくれた食事係のHさん、なんとマイ調合調味料を持参するほどの料理人だったことが発覚。美味しいお酒に完璧な鍋、そこにKさんからのお題「登山を始めたきっかけ」エピソードを各々披露しながら、1日目の夜は更けていきました。

【10/23(日)】
4時に起床し、5時半には出発。
雲海から立派な富士山を眺めることができ、幸先の良い1日のスタート。しかし…早い時間に関わらず、西沢渓谷の駐車場はほぼ満員。足立や世田谷ナンバーもあり、感心しながら西沢渓谷に。
紅葉は来週あたりがピーク?でも、色が変わっていく途中の、匂い立つようなもみじの色彩がとても綺麗でした。コバルトブルーの水の色、滝も見事で、自然の造形美の偉大さをしみじみ。
今回3度目の正直で最後まで周れたというKさん、今回はハプニングなく無事に歩けたHさん、良かったです!

*乾徳山は前から興味があった山なので、挑戦できてラッキーでした♪

高原ヒュッテにてデポ。
いざ乾徳山へ!

ちなみにトイレもこんなにキレイ。

月見岩戦士、
ゴレンジャー参上☆

秋本番ですね〜

富士山の頭もひょっこり。(Yさんの上)

頂上直下、
最大イベント鳳岩!

無事登頂〜。
山梨百名山「乾徳山」

水のタルを過ぎた辺りから、
イヤ〜な感じ。

丹沢のシカより大きくてキレイとはSさんの弁。

「かんぱ〜い」今日の全ては
このために。

料理人Hさん作「特製塩チャンコ鍋」美味☆

年賀状にいかがですか?
その1

年賀状にいかがですか?
その2

絵葉書にいかがですか?
その1

絵葉書にいかがですか?
その2

景勝西沢渓谷。天気に恵まれたいい山行でした。