一覧へ戻る
那須連峰(朝日岳→茶臼岳) : 2016/10/01 (土)〜10/01 (土)
報告者 小林 眞司(L)
山域 那須
ジャンル ハイキング
天候 曇り→晴れ
行程  羽村駅前6:45→10:00峠の茶屋10:30→11:17峰の茶屋避難小屋11:17→11:50朝日岳12:20→13:25茶臼岳13:35→14:00山頂駅14:20→14:45峠の茶屋15:15→15:30保養所
報告  土曜日ハイキングの先発組は先に土曜日の朝羽村駅前からH本号に乗り那須へGO!移動中のUさんの単独酒盛りにはびっくり。強風で有名な那須なのに今日は珍しく無風状態であった。よく整備された登山道を1時間もあるかないうちに尾根の「峰の茶屋跡避難小屋」到着。途中「朝日岳東南稜」を眺めながら冬期アタックを掻き立てられる。
 朝日岳までは適度な岩稜を楽しめるコースである。朝日岳頂上では、360度の展望を楽しみながらのんびりランチをいただく。今度は、朝日岳より先の三本槍岳ピストンもよいかもしれない。朝日岳から見れる熊笹の緑がきれいであった。
 ランチの後は少し紅葉がかった尾根道をあるき本日2座目「茶臼岳」を目指します。旧火山だけあって茶臼岳頂上付近には溶岩流がそのまま固まった奇岩がごろごろしており迫力満点。茶臼岳からは美しい雲海を眺めながら那須ロープウエイ山頂駅まで下山。峠の茶屋で今晩の宴会用おつまみをゲットし今夜の宿に向かう。

10:29
 峠の茶屋駐車場にて

 那須までちょっと遠かったけどさあ登りますよ
 天気は薄曇りで暑くもなく寒くもなくいい感じです。
10:38
 石畳の信仰登山に使用されてきた道
 歴史を感じます。
10:39
 
10:57
 軌道跡 峰の茶屋避難小屋から硫黄鉱山へ行く方向を撮影。
 不自然に平坦な道が続きますが、これは硫黄鉱山へ行く軌道跡だったらしい。
10:59
 朝日岳東南稜?をバックにパチリ
 今年の冬にはアタックしますよ
11:17
 峰の茶屋跡避難小屋
 1時間も歩かない内にあっと言う間に尾根に到着してしまいます。
 このコースとても快適です。
11:54
 本日の一座目「朝日岳」に到着
 適度の岩稜帯を通ります。
 本日は、那須として珍しく無風快晴
 360度の展望を満喫しながらランチをいただく
 
12:29
 「朝日岳」を降りる
12:59
 硫黄鉱山跡
 硫黄鉱山があったとは知りませんでした。昭和46年頃まで操業していた様です。
13:17
 お鉢廻りコースから見た茶臼岳の旧火山口 
13:20
 お鉢の廻りには、最近固まった様な生々しい溶岩石がごろごろしています。
 1408年から1410年の活動で茶臼岳溶岩ドームが形成され、噴出し降下した溶岩による火砕流が発生し、犠牲者180余名を出したらしい。
こと。 
13:26
 本日第二座目、茶臼岳頂上
 360度展望良好
13:27
 元気なハッシー
13:45
 雲海が綺麗です。
 下界は曇りなんでしょうね
14:40
 無事下山し峠の茶屋で今日の宴会のおつまみをゲット
14:45
 駐車場からは、今日登った朝日岳が北アルプスの様に輝いていた。