一覧へ戻る
前川大滝沢(山形) : 2016/09/17 (土)〜09/19 (月)
報告者 橋本
山域 吾妻連峰
ジャンル 沢登り
天候
行程 ・9/17(土):隊長邸:1700(予定1600がHS大幅遅刻。すみません)→買い出し→(中央道)調布IC:1750→(東北道)福島飯坂IC→(山形)峠駅:2330(テント泊)
・9/18(日):峠駅:0945→滑川温泉P(探勝口):1010→滑川大滝:1100→(前川大滝沢)→出口:1310→滑川温泉P:1340→滑川温泉:1400/1500→米沢駅前(米沢牛ステーキディナーで誕生日祝い):1700/1830→峠駅:1930(テント泊:ワインとチーズ、フロマージュケーキで2回目のお祝い)
・9/19(月):峠駅(朝からワインで3回目のお祝い):0900→姥湯温泉:0945/1115→お蕎麦:1215/1315→(東北道)福島飯坂IC:1330→隊長邸:2015
報告 今回は「おとめ座」二人の誕生日祝い遡行。 しかし、行く先は前途多難で台風による天候を心配しながらの決行となりました。 但し、そんな中でも、〇匐〇代のワクワク感を思い出させる異空間でのテント連泊、∧涜牛ステーキを堪能、食感の変わった十割そばを堪能、および、RKさんとの混浴露天風呂など、楽しい3日間を過ごさせてもらいました。

さて、”おまけ”の遡行ですが、滑川温泉から探勝路を進み大滝まで行きました。 水量が多く、なめの岩肌を滑るように歩く、とはほど遠い、常に緊張感を求められる遡行となりました。 3人が登山靴で苦労している中、なんと隊長は一人でヘルメット装着+沢靴を履いているではありませんか!!とビックリ。そりゃスイスイ行けるわよ!とRKさんご立腹(最後までブツブツ言ってました、、、)。 但し、3人にとっては一段レベルの高い遡行が出来て自信がついたね、と無理矢理納得しました。

今回終始雨の中でしたが、それでもきれいな沢でした。これで晴れていれば素晴らしくきれいなんだろうな〜と思いを馳せながら、次回(秋?冬?)へのトライを誓うメンバーでした。

峠駅で迎えた○十路の前日の朝。

「ちから〜もち〜」の掛け声で売り歩く家僕な、お兄さん?

これ食べられるかしら?

前川大滝

大滝。雨も降っているのでスゴイ水量です。

実は滝の裏側に居るんです

落ちないよう頑張っています

ところどころに釜があります

隊長待ち状態。一人だけ沢靴なんですもの〜、ズルい!

隊長の後ろは、落ちたら7mの滝です

最後の渡渉

最終日の朝。誕生日祝い乾杯と称し、隊長、朝からワインで運転するき全く無し。

いい感じに雨が流れています、、、

この橋を渡って姥湯温泉へ向かいます

ここまでの登り坂が大変だった〜

姥湯の露天風呂