一覧へ戻る
戸隠山  : 2016/08/06 (土)〜08/06 (土)
報告者 加藤真
山域 戸隠連峰
ジャンル 夏山縦走
天候 晴れ
行程 8/5(金)20:30調布西友横集合 → 25:00道の駅 車中泊  
8/6(土)6:00道の駅発→戸隠神社駐車場→6:40戸隠神社奥社→8:10百軒長屋→蟻の塔渡り→剣の刃渡り
→10:30八方睨み→10:45/11:00戸隠山→11:45九頭龍山→13:15一不動避難小屋→14:30戸隠牧場
報告 連日酷暑の真っ只中、緊張と強い日差しで、まさに絞れる程の汗をかいた山行でした。
戸隠牧場の激美味ソフトクリーム、オートキャンプ場の緑と涼が無かったら、
”修験僧の山”で終わっていたかと思います。
大ベテランSさんの「怖いと思うから怖いんだ」というアドバイス?さえも、禅問答のように聞こえてしまいました。
煩悩を捨てることはできませんが、懸垂下降、クライムダウン、これらに慣れた暁には、
是非また挑戦したい山です。

【コース特徴】
‥仍各り口〜尾根に上がるまで、かなりの急登が約30分程度続く。この時点で汗だく。
五十間長屋、百間長屋、息を整えることに丁度良いほぼ平坦。
 戸隠神社の杜の深さと周囲の岩壁、高妻山等も見渡せます。
1上岩壁に小さな祠がある箇所有り。ほぼ垂直かと思われる岩壁、祠まで行けばご利益大?!
ゃを過ぎた辺りから、鎖が長短連続する核心部Ver1に入ります。
 鎖が無くても岩がしっかりしているので、三点確保でなんとかなる箇所もありましたが、暑さと過重(!)でフーラフラ。
イ修鵑覆海鵑覆派20cm、左右スパッと切れ落ちている「蟻の塔渡り」に着いた頃は、
 当初の「這ってでも渡ろう」といった戦意は何処へやら。
 一段下がって、鎖を掴みながら通過しましたが、この鎖場も結構ビビりました。
θ方睨み、戸隠山頂、九龍山、一不動避難小屋迄は危険な箇所も無いですが、アップダウンを地味ィに2時間強繰り返し、
 精神の修行道♪といったところでしょうか。 
Г気 △い茲い荳埜紊虜拭荒行が待っています。避難小屋前の沢に入ります。大きな一枚岩を鎖を頼りに10メートル位
 トラバース、次は鎖を頼りに10m位直下降、最初の足の置き場が見つからず焦りました。滑滝にも鎖場2ヶ所、
 遅咲きの青い紫陽花が見えた辺りから、牧場へのなだらかな山道になり、やっと緊張がほぐれました。

この日から設置された登山相談書

登山口の後ろからいきなりの急登が30分続く

最初の鎖場、ここはまだまだご愛嬌

百間長屋を過ぎた先のほぼ垂直な岩壁をスイスイスィ〜と、スパイダーマンの如し

長い鎖をあがる

取り付きに難儀した鎖場。ここも長い

ここまでの道のりとは別世界のような何の変哲もない山頂

滑滝を下る連続する鎖場