一覧へ戻る
北ア槍ヶ岳北鎌尾根 : 2016/08/04 (木)〜08/06 (土)
報告者 橋本
山域 北ア槍ヶ岳北鎌尾根
ジャンル バリエーション
天候 晴れ
行程 ・8/4(木):(圏央道)日の出IC→(中央道)→(長野道)松本IC→沢渡P:0600→(バス)→上高地:0630→明神:0730→徳沢:0800/0830→横尾:0930→槍沢ロッヂ:1045→大曲:1150→水俣乗越:1300→(入口探し)→北鎌沢出合:1630(テント泊)
・8/5(金):北鎌沢出合:0430→(道迷い)→北鎌沢のコル:1030→天狗の腰掛:1200→(道迷い)→独標:1630(ビバーク)
・8/6(土):独標:0530→北鎌平:0830→槍ヶ岳頂上:0950→槍ヶ岳山荘:1030→槍沢ロッヂ:1300→横尾:1430→徳沢:1515/1550→明神:1630→上高地:1715→(バス)→沢渡P→温泉→帰京
報告 覚悟はしていましたが、緊張を緩めることが出来ない山行となりました。

−−・初日は、「北鎌沢出合」にテント泊。 入口の「北鎌沢右俣」を見つけるのに行ったり来たり。
−−・翌日は、「北鎌沢のコル」へ行くだけで翻弄。余計な「ゴルジェ」に入ってしまい、道なき道を上がり最後は引き返して来ました。 結果、大幅な時間ロスになり、この日は「独標」までとなりました。但し、この「独標」への道のりも意図した分けでは無く、登っていたらたまたま辿りついてしまった状態でした。
−−・最終日は、「独標」からの出発。快晴の中、「槍」までの尾根ルートをハッキリ見ながら進むことが出来ました。前日、ルートファイティングに失敗したことを教訓として、登りやすいルートを探しながらの進行となりました。見つければ必ず登りやすい比較的安全なルートはあるものでした。

*今回、ルートファイティングの良い経験が出来ました。 また、尾根上で一夜を明かしたことにより、「満天の星空」「流れ星」が見れ、翌日は快晴の中、尾根を歩くことが出来ました。

初日、朝の穂高連峰

平日故、河童橋でも人はまばら

乗越から見た天上沢

間違って入ってしまったゴルジェ

天狗の腰掛から見た独標。槍はまだ見えない。

夕方、やっと姿を現してくれた

翌朝の日の出

独標から槍までのルート

こんな厳しい環境でも立派に生きている

頂上への穂先

やっと頂上

写真撮影の順番待ち

登りの渋滞

山荘はスゴイ人、人、人

下山時、グリーンバンドから見た槍

小梨平はテントで大賑わい