一覧へ戻る
北ア奥又白池 : 2016/07/28 (木)〜07/29 (金)
報告者 橋本
山域 北ア前穂山域?
ジャンル ハイキング
天候 曇り
行程 ・7/28(木):(圏央道)日の出IC→(中央道)→(長野道)松本IC→沢渡P:0610→(バス)→上高地:0640→明神:0750/0810 →徳沢:0845(戻り1545)(テント泊)←→新村橋:0930(1530)←→奥又白谷分岐:1015(1445)←→松高ルンゼ(頂上の手前で折り返し1240)
・7/29(金):徳沢:0600(戻り1240/1340)←→新村橋:0620(1230)←→奥又白谷分岐:0700(1045/1150)←(中畠新道)→奥又白池:0845(折り返し0920)  →上高地:1500→(バス)→沢渡P→温泉→帰京
報告 前から気になっていた「奥又白池」。 やっと訪れることが出来ました。

−−・初日は、「徳沢」にテントデポ。そのまま「奥又白池」へ向かいましたが、ルートを間違え、ひたすら左隣の沢「松高ルンゼ」を登ってました。最初は、ぬるぬる、次にガラガラ、ズリズリ、1枚岩あり、草付きありの、登攀バリエーションが豊富なルートを頂上の手前10〜20mまで登ってました。そこまで行ってルート間違いに気付かないのもどうかしてるが、、、。 結局「奥又白池」へのルートが分からず時間切れでその岩場を降りてきました(ひとつだけハーケンを見ました)。 「徳沢」まで戻った後、インターネットで調べてみて初めて間違いに気付きました。

−−・翌日は、調べた通りの正しいルート「中畠新道」を進みました。「パノラマルート」との分岐後、「レリーフ」横の脇道を進み、樹林帯の狭い急登をひたすら登ります。正しいルートならば道はハッキリしており、笹、藪に覆われていますがちゃんと見れば踏み跡はしっかりしています。2300m付近まで登ると道が開けて「石積みケルン」を過ぎた後、左手方向へ向きを変えます。その後、お花畑の中を平行移動して、斜面を超えると突如「奥又白池:2570m」が見えます。 こじんまりしていて静かな池。池の周りはお花畑。優しい雰囲気のシチュエーションでした。 帰りは同じルートを戻って来ました。 下山時、気付いたのですが、昨日間違えた「松高ルンゼ」をある程度登り、枝沢の脇道からこちらの「中畠新道」に合流する道があることが分かりました。 しかし、昨日の登り/降りではそれに気付きませんでした。

*「中畠新道」ルートは急登で狭いのですが、短時間故、テント荷揚げもそれほど大変では無いと感じました。よって、次回はテント泊をしたいところです(でも、公にはテント禁止よ)。 また、ここから「前穂北尾根5.6のコル」へのルートにも繋がることから、いつかはそちらをトライしてみたいな、、、。

上高地から見えた穂高連峰は雲の中

親子連れのおサルさん

徳沢のテント場

涸沢パノラマルートと奥又白ルートの分岐

間違って登った「松高ルンゼ」-1

「松高ルンゼ」-2。この壁を登ってました。

「松高ルンゼ」-3。中間部分。

「松高ルンゼ」-4。下方部分。

「中畠新道」入口

目印のレリーフ

レリーフの下にはニッコウキスゲが

「奥又白池」-1。この日はガスガスで周りの山は全く見えず。本当ならば、前穂が大きく見えるはずなのですが、、、。

「奥又白池」-2

「奥又白池」-3

池の周りに咲いていたお花

金曜日から徳沢でも涸フェスブースが開設されていました。