一覧へ戻る
竜喰谷遡行 : 2016/07/23 (土)〜07/24 (日)
報告者 小林 眞司
山域 奥秩父
ジャンル 沢登り
天候 晴れ
行程 7月23日(土)聖跡桜が丘駅前20:00→21:10橋本さん宅(泊)
7月24日(日)橋本さん宅6:30→7:50入渓点8:15→9:50下駄小屋ノ滝10:10→13:20大常木林道横断地点13:40→15:30駐車場(石楠花橋)
報告  学生時代の大昔新潟で沢歩きは一度したことはあったが、沢登りは、今回が初挑戦であった。実は、昨年会山行の白毛門沢に行く予定であったが台風の大雨で中止になったままでそあった。今回は、一年振りのリベンジ沢登りであった。

23日(土)
当初の予定では、石楠花橋付近でタープを使用してキャンプする予定であったが、K籐さんの車トラブルにより聖跡からの出発が遅れてしまい急遽H本邸に泊まらせていただいた(感謝Orz)

24日(日)
入渓点の石楠花橋が分かりずらく車で1km行き過ぎてしまい戻ってしまった。東京では暑いがここは、ちょっと寒いくらいの快適ゾーンである。人気のある竜喰谷だけあってたくさんの綺麗な沢がある。初心者の私でもほとんどフリーで登れたが、「下駄小屋ノ滝」と核心部の「曲り滝10m」では隊長がロープを出した。一番記憶に残っているのは、やはり「曲り滝10m」でセコンドでも緊張してしまった。途中目の前にヒルを発見し飛び跳ねてくるかとドキドキしながらの登攀であった。
 上流部は奥入瀬川を歩いているような贅沢な遡行であった。誘ってくれたM澤隊長に感謝します。
今後も機会があれば、沢登にどんどん挑戦していきたいと感じた思い出に残る一日でした。

高精細な写真は、下記Googlフォトにアップしました。必要な方は参照ください。
https://goo.gl/photos/dPRoj1r4xcxxMbPr5

8:16
 いざ出陣 「おやじ四人衆」!
8:18
 石楠花橋から数十メートル車道を下り、一之瀬川と竜喰谷の出合から入渓します。
8:22
 一之瀬川と竜喰谷の出合
 一之瀬川を渡渉後一之瀬川左岸を下る。沢初心者の私には、ちょっと難しいかなと思ったが思い切り入ってみると以外と楽に降りれた。
8:26
「幅広5m」 優雅できれいな滝です!
8:34
 結構この様な倒木が、ところどろこにありました。
8:44
 K籐さん、へつり中急にバランスを崩してしまいドボーン!
8:45
 ここは、やはりヘつるしかないかな?
 水は澄んできれいです。
8:48
 アルパインと異なりステップフリクションが不安定で怖い!
なんとかまだ落ちず頑張っているK林
8:57
 沢の出合では、必ず現在位置を確認します。
 しかし初心者には、遡行図からはなかなかわかりません(-_-; 
9:08
 果敢に左岸を責めるH本隊員
 しかし、良く行くな。。。(´・ω・` )
9:40
 水は冷たそうなんで、落ちたくない。慎重に慎重に、、、、、
9:54
 この谷最大の落差の「下駄小屋ノ滝12m」
練習を兼ねて初めてM隊長がロープを出します。
 すると、トップで登攀すいていたH本隊員突然滝壺にドポーーン!
 足場の苔が原因でした。沢怖い(@_@;)
11:59
 少しシャワーで濡れてしまいますが、階段状のため楽勝です。
15:17
 無事遡行を終え駐車場まで車道を歩く四人衆(1人は撮影)
15:31
 無事怪我なく生還できました。
 ばんざーい(≧∀≦)/
 この後は「のめこい湯」でプアーーだ!
19:35
 H本邸での打ち上げです。
 沢談義で盛り上がる中年2人組(笑)