一覧へ戻る
北ア西穂→奥穂 : 2016/07/18 (月)〜07/19 (火)
報告者 橋本
山域 北ア穂高連峰
ジャンル ハイキング
天候 晴れ
行程 ・7/18(月):(圏央道)日の出IC→(中央道)→(長野道)松本IC→深山荘P:1300→新穂高温泉駅→(ロープウェイ)→西穂高駅口:1410→西穂山荘:1500(小屋泊)
・7/19(火):西穂山荘:0240→西穂独標:0330→西穂高岳:0430/0500→(日の出0515)→間ノ岳:0545→天狗岳:0615/0640→天狗のコル:0700→ジャンダルム:0810/0840→奥穂高岳:0945/1010→奥穂高山荘:1040/1110→(白出沢)→奥穂高岳登山口:1420→(右俣林道)→穂高平小屋:1450/1515→新穂高温泉駅:1545→深山荘P→温泉→帰京
報告 なかなか行けなかったこのルート。 やっと念願叶い、”点と点を線で結ぶ”ことが出来ました。

−−・初日は、ゆっくり小屋泊り。夕食準備は38人分と言ってました。同席の方達と会話も弾み、美味しく、楽しく頂きました。「奥穂までは無理だけど、西穂までは行きたいな!」と言うメンバー。 部屋内は暑く、皆さん布団を剥がして寝ていました。

−−・翌日は、暑くて寝てられないので2:00には起きてしまいました。 準備して2:40に出発。西穂までは薄暗い中を進み、その先は明るくなるのを待ちました。 夜明け前の気温は3℃。それでも風が弱かったので助かりました(シャツ1枚と風よけジャケットのみ)。 途中角度のきつい登り/下りはあるのですが、ロープ/鎖/足場ホールドをしっかりして、ゆっくり慎重に進めば問題ありません。 間ノ岳前後は剥がれやすい岩場ですが、こちらもホールドを”しっかり確かめながら”進めば問題ありません。それ以外のホールドはしっかりしていましたので、雨風が無ければ、岩稜山行を楽しむことが出来ると思います。
&でも、落ちたら終わりよ。

*奥穂→西穂の下りは3Pほどすれ違ったのですが、西穂→奥穂へ行く人には会いませんでした(出発時間が早かったせいもあり?)。
今回、私にとっては、「西穂→奥穂」間ルートよりも「白出沢」ルートのほうがきつかったです。ガラガラ、ズリズリ、長〜い樹林帯歩き、その後も林道歩き。「奥穂→西穂」で引き返したほうが早いんじゃないの?と思うぐらい(テント装備では無いため言いたいことを言ってますが、、、)。  次回、時間を見つけて、さらにトライしたいと思います。

西穂山荘2367mでアイスクリーム。濃厚で美味しかったです。

テント場。連休最終日故、さすがに少ない。

夕食、美味しかったです。

食後に診療所先生による講義に参加。分かりやすかったです。感謝!

西穂独標2701m。まだ真っ暗。

西穂高岳2909m山頂

富士山

上高地、大正池側

やっと陽が見えた。吊り尾根より。

西穂に映った自分の影

天狗岳(天狗の頭)2909m頂上

ジャンダルム3163m頂上

ロバの耳(3100m?)から見たジャンダルム

奥穂までの稜線

奥穂高岳3190m頂上

白出沢の下り。ガラガラ、ズリズリで大変!