一覧へ戻る
奥多摩 南秋川 小坂志川遡行 : 2016/06/04 (土)
報告者 加藤和旋
山域 奥多摩 南秋川
ジャンル 沢登り
天候 晴れ
行程 分倍河原駅6:25=8:00小坂志川入渓点P〜8:10遡行開始〜12:55連行山南側尾根道(遡行終了)〜13:10連行山〜万六尾根下降〜13:40 920檀婉瓩ら北東に延びる尾根を下降(仕事道途中まであり)〜15:05入渓点
報告  青空の下、時間通りに集合場所を出発、道路も空いており8:00に入渓点に到着、着替えて遡行開始。ゴーロやナメ、プチゴルジュ、滝を快調に登って行きます。水がきれいです。メンバーはKをのぞき全員遡行図、高度計と照らしながら地形図をよく見ます。途中靴のアクシデントがありましたが、当該者は最後まで支障なく沢を詰めました。これには私は驚きました。遡行が終わり登山道に出るまでは結構大変でしたが、沢靴を登山靴に履き替えてからが本日のもう一つの核心部であったと私には思えます。下るべき尾根を発見することと(4人はK以外の地形図高度計を見ながら読んでいきます)、かなりな急坂をするすると下りることが核心部と思える理由です。「山には入るならもっと勉強し(技術と知識)ないといけない」これが報告者の感想でした。

さあ、出発です。
小滝と釜、結構深いです。
地形図を読んでいます。
きれいです。
Kがドボンした小滝です。
休憩
休憩
快調に行きます。
Kが登ります。
横山L鹿の角を発見。
登山道に出て靴を履き替えます。ここまでも大変に思いましたがこの後さらに急坂を下ります。
地図読みして、作業道、この後が大変な急坂、写真は撮れませんでした。
沢を詰めて登山道に出て皆さんで。
遡行中のミニゴルジュです。