一覧へ戻る
北ア唐松岳 : 2016/03/12 (土)〜03/13 (日)
報告者 橋本
山域 北ア唐松岳
ジャンル 雪山ハイキング
天候 曇り
行程 ・3/12(土):圏央道:日の出IC〜>中央道〜>長野道:安曇野IC〜>白馬登山P:1230〜>八方ゴンドラ:1300〜>八方池山荘:1330〜(前泊)
・3/13(日):朝0545発〜>八方池:0630〜>丸山ケルン:0745〜>唐松岳:0900〜>下山:0920〜>丸山ケルン:1000〜>八方池:1100〜>八方池山荘:1130〜>八方ゴンドラ:1200〜>登山P:1210〜>温泉(木崎湖)〜>長野道:安曇野IC〜>中央道〜>圏央道:日の出IC
報告 金曜日のPM、土日の高気圧を見て思わず決行してしまいました。
・3/12(土)AMは青空が見えていたものの、その後のPM、山の上ではホワイトアウト(山荘で部屋が一緒だった兵○から来たATKさんのお話しでは、かなりヤバかったらしい。ATKさんは土日、連日で唐松岳登頂してました。スゴイ!!)。
・3/13(日)夜明け前は少しだけ星が見えていました。日の出後7:00頃までは、うっすら青空だったものの、その後はどんよりした雲で覆われクリアになることはありませんでした。それでも白馬三山、劔、槍まで見ることが出来ました。雪質としては、前回(2/7)とは雲泥の差。適度な締りと前に行く人が踏み固めてくれたおかげで、2,3度膝上までハマったものの全体としてはサクサク進むことが出来ました。こんなに違うものかと驚いてしまいました。スノーシュー/ワカン/アイゼンの使い分けが何となく分かってきた今冬シーズンの山行でした。
*次回は、テントでトライしたいな。

手前のピークへの登り。右が唐松岳。

高度を上げて行きます。

頂上への最後の登り。

唐松岳頂上。バックに劔。マイナス8℃ですが風が強く体感温度はそれ以下。

劔。カッコイイ。

隣の五竜。槍も小さく見えます。

白馬三山。

八方池から見た不帰ノ嶮。

不帰ノ嶮2

唐松岳から不帰ノ嶮への道のり

鹿島槍。双耳峰がカッコイイ。

唐松岳頂上山荘

アリンコの行列状態。皆さん重い板を担いで、もしくは、装着して登っています。

日の出

夕ごはんはバイキング。どれも美味しかったです。

スキーイベントが開催されていました。